2011年07月03日

プリウスα にPHV…トヨタ、可能性を示唆

トヨタ自動車が、『プリウス』の派生ミニバンとして発表した『プリウスα』(北米名:『プリウスv』)。同車に、プラグインハイブリッド(PHV)版が追加される可能性が出てきた。

詳しくは続きからどうぞ

Fed4805ac4214d2aeadba963db5111


米国のEVやプラグインハイブリッド車の情報サイト、『plugincars.com』が伝えたもの。同サイトの取材に応じたトヨタのシニアフィールドエンジニア、ロン石井氏は、直ちに市販するわけではないと前置きした上で、「プリウスvの車体構造はプリウスと似ている。だから、『プリウスPHV』のように、大型バッテリーを床下に搭載するのは、困難ではない」と、プリウスvにもPHVを投入する可能性があることを示唆したのだ。

しかし現状では、プラグインハイブリッド車は、コスト面が課題。プリウスPHVは、EVモード時の最大航続距離がプリウス比で10倍の20km、EVモード時の最高速もプリウス比で2倍の100km/hを実現しているが、日本での価格はプリウスの約2倍の525万円(参考価格)と割高だ。

トヨタは北米でのプリウスPHVの実証実験を通じて、顧客のPHVに対するニーズを精査する方針。その結果次第では、プリウスvへのPHV設定も十分あり得るといえそうだ。

コスト面が非常に高く燃費性ではいいかもですが500万ともなると、なかなか手がだせないですよね。プラグイン車は今後どんどん増えていくとは思いますが、実用的に大衆向けになるのはまだまだ先のようですね。




                    人気ブログランキングへ





posted by infinity at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プリウスα | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。