2011年07月20日

コラテラル名場面の音楽

トム・クルーズ主演の”コラテラル”映画好きの方は一度は見たことがあると思います。

皆さん知ってるので今更紹介することもないかもですが、、、

名場面?

どこだろうって思われるかと思いますが私にとっての名場面であり、その時の映像と音楽が最高に印象的でこの映画の何かを考えさせられる場面です。

詳しくは続きからどうぞ



内容は語る必要はないかと思いますが最初のさわりだけ。

平凡で真面目なタクシードライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)は、ある夜「ヴィンセント(トム・クルーズ)」と名乗るビジネスマン風の客を拾う。目的地に着くと、ヴィンセントはマックスの生真面目さを買い、マックスにタクシーの貸切りを持ちかけて来る。はじめは「貸切りは規定違反になる」と断るマックスだが、ヴィンセントの強引さと600ドルの誘惑に負けて、これを引き受けてしまう。しかしそれは単なる貸切りではなく、殺し屋の手伝いをさせられる事を意味してた…。

これがこの映画のスタートですね。

主演のトム・クルーズはヒーロー役が多いですが、なかなかの悪役ぶりでクールな殺し屋を演じています。脇役ではありますが、この映画の主役ともいえるジェイミー・フォックスもすばらしい俳優さんですよね。

この映画の監督はマイケル・マンですが、なかなかの監督さんだと思います。マイマミバイスも観ましたが、(ジェイミー・フォックスも出演しています)この映画も観たら最後まで魅入ってしまい映画作りの展開がすばらしい監督さんですね。

ちなみにトム・クルーズは世界一の美形らしいです。まぁ〜誰が見ても男前ではありますが、顔の輪郭もそうですが、額から眉毛、目、鼻、口のバランスがこれほど整ってる人はいないそうです。

あ、本題からそれて、、、 ←好きなのです、それるの。。。

この映画の名場面ですが後半です、ヴィンセントとマックスがタクシーの中から、コヨーテが横切る所を見てるシーンなのですが、←ここがポイント この映画の何かを語っているんですね。

何を語ってるかは人それぞれの感じ方でいいんです。この映画の名場面&この時の音楽がなんとも言えません。

今日はその場面とその時に流れている曲を紹介して台風に備えます。←これは必要ないですね

まぁ〜、日記もかねてなのでこの日に台風来たって残るしね! ってせっかくの前置きが、、、

まずは、シーンから

ちょこっと音楽流れてますねその曲がこれになります。

AudioslaveのShadow on the Sun です。これはコラテラルの場面を編集してアップしてくれてるんですね。アップしてくれた方に感謝ですね。かっこいい!!


                   人気ブログランキングへ

posted by infinity at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、これからもヨロシクお願いします
『コラテラル』  レンタルビデオで2回位見ましたよ、トムクルーズなので、つい選んだら、前に借りた事のあるやつ。。。。って感じで、
Posted by マリリンの親 at 2011年07月21日 00:45
コメントありがとうございます^^

そうですよね、私もよく同じの借ります^^;間違って、、、

基本的にトム・クルーズ主演の映画はほとんど見ていますが

私的にはコラテラル最高ですね!!

悪役ですが、なぜかそんなに悪役って感じがしないです。

これは、普段はヒーロー役が多いせいでしょうかね。
Posted by infinity at 2011年07月21日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。