2011年07月31日

いつまでもラブラブでいられるには

恋愛において最初は間違いなく誰でもラブラブですよね。ですが、どんなカップルにも訪れる

「マンネリ」という危機。これを克服するにはどうすればいいのか?

マンネリ回避のポイントとは?

男女別にそのポイント記事をアップして私も参考にしたいと思います。

詳しくはつづきからどうぞ



女性はいつまでも「女性らしく」!

女性がずっと男性に愛されるために必要なのは、外見も含めて、女性としての魅力を保ち続けることです。それは言いかえれば、「この女性と子孫を残したい」「守りたい」という本能を刺激するということです。

つき合いが長くなると、どのカップルも「家族」のような関係になりがちです。もちろん、「家族という組織の一員であるパートナーを守るんだ」、というふうに男性が思ってくれるのも、悪くはありません。しかし、実際に結婚している場合であっても、「女性らしさ」を意識させることで、より愛されるようになるでしょう。

つき合いが長くなったり、結婚したりしても、交際を始めたばかりのような気分で過ごすように気を配ってみてください。

例えば、同居を始めてから彼氏にはいつもスッピンしか見せてないとか、結婚後、相手のことを名前で呼ばなくなりお互いに「お父さん」「お母さん」などと呼んでいるとか、そういうのはあまりよくないですね。男性には、適度に「刺激」を与えることが大事なんです。

その「刺激」を、もっとも分かりやすく男性に伝えることができるのが、外見の美しさです。特におすすめなのは、セクシーな下着を身につけること。同居カップルや夫婦の場合、一緒にいる時間の大部分は部屋にいるのでオシャレにも限界があるでしょうが、そういうときにも効果的な方法です。

男性が最も気を配るべきなのは!?

女性の場合は、男性の「守りたい」という本能を刺激することがコツでしたが、今度は逆で、女性の「守ってもらいたい」という本能を満たしてあげることが大切です。具体的には、何かトラブルがあったときにも堂々とふるまう、などです。

とっさのときに「頼りない!」と思ってしまうこともあるので、なかなか難しいかもしれまんね……。

「頼もしさ」に自信のない男性は、とにかく「愛してる」「好きだ」と口に出して言ってあげることです。そうすることで、女性は安心します。男性的な低い声というのは脳に心地よく響くので、口に出して、直接言ってあげるといいですね。メールでは効果は半減してしまいます。どうしても照れくさいなら、せめて電話で言ってあげましょう。

それから、これは自分では気づきにくいのですが、男性の場合は加齢臭にも気をつけてください。中高年の方だけでなく、比較的若い方でも、食生活やストレス、生活習慣によってニオイが出てくるケースもあるので、注意が必要です。

加齢臭が出てくるというのは、ハッキリ言うと「男性として役に立たない」「男性機能が衰えている」というサイン。加齢臭があると、女性は男性を異性として意識しなくなります。

女性は、男性以上にニオイに敏感です。また、人間も動物のようにフェロモンのようなものを感じ取っているという説も有力ですし、ニオイというのは大脳辺縁系という脳の原始的な部分に訴えかけるものですから、「におい」と思ってしまうと、「生理的に受け付けない」ということになってしまう恐れもあります。常に清潔感をキープして、気になるようならスプレーやコロンなどを使用してください。

私たち夫婦はもう今年で19年目です。もう20年近く一緒にいるわけですが、ラブラブ?って言えるかというとどちらでもないです。彼女は私より2個下で、女性らしい行動をとっているかと言うとそうでもないですかね。(怒られますね日記見られたら・・・)まぁ〜、普通に意識しない範囲でやってるような感じですかね。

私は比較的おちゃらけ派なので「愛してるん?」なんって聞かれたら「もちろん愛してますよ〜」って軽く返せるタイプなのでって、軽くの意味は違いますが・・・。(誰にでもってことではない)20年近いですが何も問題ないですね。嫁に聞きましたが、年齢的には加齢臭を気をつけなければいけない歳ではありますが、スポーツやってたので肉体的にはまだ若い方で、気になるニオイもまだ問題なさそうです。

まとめると、

女性はセクシーでいることが一番だと思います。適度な刺激は大切ですよ。←男性から言わせるとこれは間違いなく大切ですね。

男性は頼もしさを前面にだして、やはり言葉で気持ちをはっきり伝えることです。年齢的な問題はやはり香水やコロンなどでカバーでしょうね。

うちは、意識してないですが今も何も問題はないです。
(ラブラブではないですが)

皆さんはどうですか?


                    人気ブログランキングへ

posted by infinity at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。