2011年08月14日

想像を絶する火星の風景

最近はほんと暑いですよね。

熱中症で倒れたなどそういった記事をよく見かけます。

皆さんはもう夏休みまっただ中ですか?

私は・・・ 元気です!

はい。ブログ更新できてますから生きています。

前置きはおいときましょう^^;

今、火星に探査機が打ち上げられてミッション遂行中なの知ってますか?

その頑張っている探査機の名前は「オポチュニティ」

(正式名称:マーズ・エクスプロレーション・ローバーB)って言います。

はい、皆さん読んで〜。

オポチュニティ、オポチュニティ、オポチュニティを10回ね。

で、・・・ すみません、何も浮かびませんでした^^;

昔流行りませんでした?

ひざを10回言って、ここは?ってひじを指されて”ひざ”って言わすの。

同じ年代の人なら知っていますよね。

ごめんなさい。前置きが・・・

火星の写真は続きからどうぞ



これはオポチュニティからの火星の写真になります。

001_3


酸素があれば普通に住めそうな場所ですよね。

Mars01_m

Mars03_m_5

Mars04_m_3

Mars06_m_4

Mars20_m_3

Mars24_m_2

Mars22_m

火星の地表から300キロ上空にいるNASAの火星探査機「MRO(MarsReconnaissance Orbiter)」が高解像度カメラ「HiRISE」で撮影した写真の中から、特に地球ではちょっとお目にかかれないような風景をとらえた写真になります。

ここで豆知識を。

 火星(かせい、Mars)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星です。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転しています。

 火星が赤く見えるのは地表に酸化鉄(赤さび)が大量に含まれているためで、直径は地球の半分ほどです。表面の重力の強さは地球の40%ほどしかなく、火星の表面積は地球の約 1/4、質量は地球の約 1/10 に過ぎないですが、火星には海がないため、その表面積は地球の陸地の面積(1.5億平方km)とほぼ等しいらしです。火星の自転周期は地球のそれと非常に近く、火星の1日(1火星太陽日、1 sol)は24時間39分35.244秒です。

火星には氷があり、昔は水があったと研究者の間ではわかってるそうです。

氷があるならとければ水になるし、

水は生命の源なので微生物や生物がいた可能性も否定はできないです。

今後、化学が進めば火星に人が住めるようになるのでしょうかね?

映画でそんな感じのものを見たことがあります^^


                    人気ブログランキングへ

posted by infinity at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。訪問・応援ありがとうございます。火星って、
普通の道路みたいがけど、わながありそうで、怖い(^_^;)
Posted by ももぴっぴっ at 2011年08月14日 12:04
こんにちは、戸ヶ瀬です!
10回クイズってやつですね、よくやりました(^^

確かに、火星も土地を整えれば住めそうな感じがしますね〜。
気温はどれくらいなんだろう…(・_・|

応援ボタンパーンチ!!( ゚∀゚)=○)3`).∴ブフッ
Posted by 引きこもり男(∵)戸ヶ瀬 at 2011年08月14日 15:06
ももっぴさんコメントありがとうございます。

罠・・・ あるかもw

まぁ〜誰もまだ行ったことないのでどうなんでしょうね。

今は機械だけですがやはりそのうち人間がいけるのでしょうかね。
Posted by infinity at 2011年08月14日 23:09
引きこもり男の戸ヶ瀬さんコメントありがとうございます。

気温は寒いです。

で、太陽が当たれば空気がないので暑いです・・・

てか、人間が普通に住めるとこではないですね。

今後はあり得るかも・・・

ま、化学はほんと日進月歩ですからね。
Posted by infinity at 2011年08月14日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。