2012年05月24日

女の子が気分良く返信したくなるメール

常に会話で女性を楽しませる男になりたいものですが、ときには退屈させてしまうこともあります。「女性の退屈度を見分けられれば、今後の会話に生かせるのに…」と思う人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、「女性が『この人の話、退屈だなぁ』と感じているときの態度」をご紹介します。

【1】「へぇ」「そうなんだ」と適当な相づちで話を流す。

「話を聞いてないから、相づちは確実に適当(苦笑)」(20代女性)など、相づちの熱心さはそのまま会話への集中度と比例するようです。相づちがいい加減になってきたら、場所を変えるか話題を変えるといいでしょう。

【2】メールチェックするために頻繁にケータイをいじる。

「話に興味がないと、暇つぶしにケータイをいじってしまう」(20代女性)など、女性が頻繁にケータイを触りはじめたら、退屈の合図だと考えたほうがよさそうです。メールチェックをとがめるのではなく、さりげなく話題を変えて、話術で女性の興味を引きましょう。

【3】会話に集中せず、髪の毛をさわったり、ネイルを見たりする。

「ぼんやりして、目の前に人がいないような態度をとってるかも」(20代女性)など、あまりに会話がつまらないと、ボーッとしてしまう女性もいるようです。表情がうつろになるなどの兆候が見えたら、ネイルを褒めるなどして、女性が興味のある話題を探しましょう。

【4】「そういえば」などと言って、突然話題を変える。

「相手の話を聞いてないから、不自然な間で話しちゃう」(20代女性)など、女性が急に話題を変えはじめたら要注意だといえそうです。ただし、女性から新しい話題を提供してくれたら、頑張ってその話題を盛り上げましょう。

【5】ほかに楽しいことはないかと、まわりや窓の外を見る。

「面白いことないかなってキョロキョロしちゃう(苦笑)」(20代女性)など、会話に退屈した女性は、落ち着きがない態度をとることもあるようです。女性の落ち着きがなくなってきたら、「この後どうする?」など、女性にも関係のある話題をふって関心を取り戻しましょう。

【6】眠気覚ましによく目薬を使う。

「退屈な話には目薬が必需品!」(20代女性)など、悲しくなるような報告もあります。会話があまりにつまらないと、眠くなってしまう女性もいるようです。女性の眠気が冷めるよう、「わっ」と言って驚かすなど、荒技を使う必要があるかもしれません。

【7】飲食に夢中で、ひとりでどんどんオーダーする。

「相手のスピードに合わせずどんどん食べちゃう」(20代女性)などの意見もあり、女性の箸が異様に進んでいる場合は、注意したほうがいいかもしれません。「それおいしい?」など、目の前の食事を話題にすると、女性も気を取り直してくれるでしょう。

【8】時間を気にして腕時計を何度も見る。

「帰りたい気持ちが態度に出ちゃいそう(苦笑)」(20代女性)など、話に退屈して早く帰りたくなる女性もいるようです。そのまま帰らせたら「つまらなかった」という印象だけが残ってしまうので、「面白いお店に案内するよ」など魅力的な申し出で、名誉を挽回しましょう。

【9】話を盛り上げないよう質問をせず、ただニコニコしている。

「早く話を終わらせるため機嫌よさそうに笑う」(20代女性)など、女性が笑顔でも安心はできないようです。本当に楽しんでいれば「それでそれで?」など熱心に先を促すはず。話を盛り上げてくれない場合は退屈していると判断しましょう。
posted by infinity at 23:14| Comment(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。